頻尿や尿漏れなどの悩みはお年寄りに多く見うけられますが、若い方でも引き起こす可能性があります。対策を知って実践してみましょう。

  • ホーム
  • 逆流性食道炎の原因とは?治療薬にはネキシウム

逆流性食道炎の原因とは?治療薬にはネキシウム

逆流性食道炎の症状は胸やけや呑酸、胸痛や咳、喉の違和感や不眠など様々な症状が出ると言われています。
呑酸は酸っぱい液体が口まで上がって来る事を意味しており、嘔吐に繋がる事もあります。
逆流性食道炎は胃酸を多く含む胃の内容物が食道内に逆流する病態で、症状や食道の粘膜の状態に応じて逆流性食道炎と非びらん性胃食道逆流症に分けられています。
胸やけや呑酸などの症状を持ち、内視鏡検査を受けた時に食道粘膜にびらんや潰瘍などの病変が生じている場合は逆流性食道炎です。
胸やけや呑酸の症状があるものの、内視鏡検査で食道粘膜にびらんや潰瘍などの病変がないものを非びらん性胃食道逆流症という形で診断を受ける事になります。

逆に、食道の粘膜に炎症が起きていても、胸やけや呑酸などの症状を持たないケースもあり、これを無症候性逆流性食道炎と区別しています。
これらが起きる原因は胃酸が食道に逆流して粘膜を刺激する事で起きると言われています。
そもそも食道の粘膜には胃酸からの刺激を防ぐ仕組みがないので胃酸に触れると炎症を起こしやすくなります。
特に胃や食道の運動機能が低下していると食道が胃酸にさらされる時間が長くなってしまい炎症が起こりやすくなると言います。

ちなみに、仕事などのストレスが原因で逆流性食道炎を引き起こす事もあると言われています。
ストレスの発散として美味しいものをたくさん食べるなどがあるかと思われます。
胃腸は臓器の中で最もストレスによる影響を受けやすく、ストレスが溜まる事で過剰な胃酸が分泌されてしまい、胃酸過多の状態に陥りやすくなります。
この状態で暴飲暴食を行えば胃腸などに負担が掛かる事になり、今度は身体へのストレスが生じてしまいます。

逆流性食道炎に効果があると言われている治療薬がネキシウムです。
ネキシウムはエソメプラゾールを主成分としたプロトンポンプ阻害剤で、胃酸の分泌を抑える作用を持っています。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療薬として処方が行われる事もありますが、症状などに応じて飲み方や用量などが異なります。
逆流性食道炎の場合は1回20mgを1日1回経口服用し、8週間までの服用を推奨しています。
尚、主な副作用として肝機能値の異常、頭痛やめまい、軟便や下痢などがあります。

逆流性食道炎の治療薬に用いられるネキシウムとは

胃酸は、胃の粘膜にある酵素のプロトンポンプ作用によって放出されます。
胃の粘膜の酵素の働きが活発になればなるほど、プロトンポンプ作用も活発になるため、胃酸も多く分泌されるようになります。
特にストレスにより交感神経が活発になっている状態や、胃に食べ物が多く入っている場合は酵素の働きが活発になりやすいです。

一方、ネキシウムの主成分、エソメプラゾールは胃の粘膜にある酵素の働きを抑制し、プロトンポンプ作用を抑える効果があります。
プロトンポンプ作用が抑えられれば胃酸の分泌量も減るため、胃痛・胸やけといった症状を緩和させることができます。
このように胃酸を抑える効果があるネキシウムは、胃酸の過剰分泌が原因となる逆流性食道炎以外にも、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療薬として用いられることがあります。

また胃酸の分泌が抑えられることで、胃の中で抗生物資が働きやすくなります。
そのためピロリ菌の治療薬と併用して使われることもあります。
そしてネキシウムの大きな特徴として挙げられるのが、効果の強さです。
他の胃酸を抑える薬に比べて効果が強いため、治療の初期段階から使われることが多いです。

効果が強いということは、それだけ身体にも負荷がかかりやすいため、飲み方に注意が必要となります。
逆流性食道炎の場合、1日1回経口服用し、服用期間は8週間までとされています。
ただし再発を繰り返す逆流性食道炎の場合は、症状を抑えるために継続的に服用する場合があります。

ネキシウムの主な副作用としては肝機能障害・頭痛・めまい・軟便・下痢等が挙げられます。
特に継続的に服用する場合は肝臓・腎臓に負担がかかりやすく、副作用が生じやすいです。
そのため長期服用する場合は定期的に肝臓・腎臓の状態を確認する必要があります。

人気記事一覧