頻尿や尿漏れなどの悩みはお年寄りに多く見うけられますが、若い方でも引き起こす可能性があります。対策を知って実践してみましょう。

  • ホーム
  • 高血圧症の原因とは?治療や予防について

高血圧症の原因とは?治療や予防について

普段の生活習慣や食生活が原因で高血圧になる方がほとんどです。
海外にくらべて日本人は塩分をとりすぎているため高血圧になる人が多いです。
たまに血圧が高くなるぐらいなら特に問題はないですが、血圧が高い状態が長く続くと血管に持続的な圧力がかかり脳卒中や心臓病、腎不全など様々な臓器に影響が出てしまいます。

高血圧を予防するには普段の食事に気をつけるべきです。
濃い味付けが好みの方は特に意識をして塩分を減らす方が良いです。
1日の塩分摂取量の目安は男性で8グラム、女性は7グラムです。
これに対して日本人の平均摂取量は3グラムから4グラム多く取りすぎています。
味付けで塩を入れていなくても、様々な食品に塩が使われていて、気づかないうちに塩分の取りすぎになっていることもあります。

塩分だけではなく、甘いものや動物性脂肪の取り過ぎ、また外食が多い方は控えるようにするべきです。
お酒やコーヒーは適量に抑えて、フレッシュな野菜を多く摂取するなどして栄養はバランスよく取るように心がけましょう。
そして食事は腹八分目にとどまるようにして、食べ過ぎに気をつけます。

高血圧によって頭痛を起こす方が少なくありません。
頭痛は肩こりや寝不足、ストレスになどによって起こる事が多いので、高血圧との関連は薄いとされていました。
血圧が高かったり急激な血圧の上昇によって脳の血管が拡張し、神経を刺激することから頭痛が起こるとされています。

治療方法は食事を含めた生活習慣を改めることです。
今すぐに治療の開始が必要な方は薬治療が始まります。
年齢や血圧の数値、これまでの病歴、採血やレントゲンなどの検査結果によってその患者さんごとに合った降圧剤が処方されます。
また高血圧を改善するのに有効なサプリメントを購入することもできます。
サプリメントでも副作用が出ることはあります。
その事を理解した上で製品に記載されている飲み方を守り、安全に服用してください。

高血圧症患者は生活習慣の管理が大事

高血圧の症状を改善するには生活習慣の管理が大事です。
あまりにも酷い高血圧状態の人であれば降圧剤の服用が大事ですが、早くから薬に頼ってしまえばそのまま薬なしでは生活できなくなってしまうことも多くあります。
薬に頼る前に長い期間をかけて生活習慣を変えていくことも必要です。

塩分の多い食事を避けることは基本ですが、血の巡りを良くする運動や、汗をかくような生活も大事です。
冷えやすい生活が高血圧につながることも多いので、冷えない生活を心がけましょう。
予防としてはサプリも効果的です。
サプリは薬ではないので好きな時から始められて、好きな時間に飲むことができるので最適です。
また、副作用の心配も少ないので、もともとアレルギー体質の人にも使いやすいものです。

高血圧はサイレントキラーと呼ばれる程症状の悪化が本人にもわかりにくいものではありますが、ちょっとした頭痛や体調不良で感じることもできるものです。
若い年代であればまだ血管が劣化していないので脳梗塞になるリスクも少ないですが、高齢になれば高血圧による血管の損傷リスクは高くなるので注意が必要です。
寒い日に、気温の暖かいところから急に気温の低いところに出るということも血管を収縮させるリスクを増やしてしまうので注意です。
気温の変化にも気を付けながら生活していくことも大事でしょう。

高血圧になってしまう原因は様々ですが、適切な治療をしていくためにも正しい原因を知っておく必要があるでしょう。
運動不足が原因の人は簡単なストレッチ、マッサージを取り入れ、食事が原因の人は薄味に気を付け、味付けが濃い外食やレトルト品は控えましょう。
和食も塩分が多くならないように調整しましょう。