ペットのサプリは犬康食ワンプレミアムがおすすめ

MENU

基本的なトリミングの方法

最近は、ペットにトリミングをする事が当たり前のような世の中になってきています。

 

ただ、トリミングと言っても犬種によってトリミングをしなければならない頻度が違っており、頻繁にトリミングをする必要のある犬種に関しては、自力でできるようになる事をお勧めします。

 

頻繁にプロのトリマーに依頼していると、お金がかかりますし、何度も連れて行かないとけないという事で、時間も取られてしまいます。

 

ですから、ある程度は自分でトリミングができるようになれば、金銭的にも時間的にも節約できます。

 

トリマーのイメージは難しいと思っている人も多いのですが、ポイントを掴むことで、簡単にトリミングができるようになります。

 

トリミングをする際には、まずはじめに道具をそろえるところから始めてみてください。

 

必要な道具に関しては、ブラシ、ハサミ、コームなどがあります。

 

ブラシは体に付いた汚れや毛玉を取り除けるようになります。

 

また、マッサージの効果も期待できるため、血行がよくなり、健康的な体を目指せます。

 

ハサミは、長くなってきた毛をカットするために使用し、夏のように季節が厚くなってきた時には、適度にカットしてみてください。

 

トリミングの中でも忘れてはいけないのは、肛門腺絞りです。

 

肛門腺絞りは、肛門腺に溜まった分泌物を取り除くために必要な行為で、炎症などから守る事ができますし、病気の予防にもなります。

 

これらの作業は、初めは難しいと感じるかもしれないのですが、少しずつゆっくりできるようになってください。

 

動物自身が、自分で毛を繕ったり、羽を繕う事をグルーミングと言います。

 

これは、人間がやる時も同じように呼ぶ事もあるのですが、犬や猫に行う場合には、トリミングという事がほとんどです。

 

トリミングは、人間で例えると美容院に行った時と同じような感覚で利用できます。

 

ペット用のハサミやバリカンを使って毛並みを整え、見た目もすっきりしますし、犬も快適に過ごせるようになるでしょう。

 

このような事をトリミングというのですが、具体的に言うとトリミングはグルーミングの中の1つで、キレイに整えていく事ができます。

 

グルーミングをするのは、ただ単にキレイにしたり、美容を目的としている訳ではなく、健康的な状態にするためにも必要なことなのです。

 

定期的にお手入れをすることで、ペットの体も清潔な状態に保てますし、病気にかかりにくくなります。

 

トリミングをする時には、爪や耳の中のお手入れもするのですが、爪を定期的に切ったり、耳の中をキレイにすることで、より快適に過ごせます。

 

また、そうすることで、ペットの健康状態を確認できるようになりますので、絶対にグルーミングを行ってください。

 

爪の伸びや形がヘンだと思ったり、耳の中の状態がいつもと違っているという場合には、できるだけ早い段階で病院で診察してもらうという対処ができます。

 

これらの事は、飼い主がすべて責任を持って行わなければなりませんので、健康的な状態で居て欲しいと思っているのでしたら、必ずトリミングを行ってください。