トリミングで使われる用語

MENU

トリミングで使われる用語

トリミングの専門用語は、一般的にあまり使われるケースがないかもしれませんが、
ペットを飼っているのでしたら、覚えておいて損はないですので、しっかり覚えておきましょう。

 

特に、定期的にペットをプロに依頼してトリミングをしてもらうのでしたら、
覚えておくと、頼みやすくなります。

 

まずはじめは、「アンダーコート」について紹介しましょう。

 

アンダーコートは、名前の通り下毛の事を言います。

 

柔らかく密集していて、寒い地域で生まれてきた犬は、
二層に毛が生えている場合があります。

 

次に、「オーバーコート」です。

 

オーバーコートは、アンダーコートの上に生えている毛の事を言います。

 

そして、「イヤー・フリンジ」は、耳にはえている毛の事です。

 

「クリッピング」は、バリカンを使って毛を抜いたり、
毛をカットして整えていく方法の事を現します。

 

「ラッピング」は、長い毛を少しずつ紙に包んで束ねる方法を言います。

 

ラッピングをすれば、ケガ汚れにくくなりますし、体に傷が付きにくくなります。

 

「シェービング」は、カミソリを使って毛を剃る事を言います。

 

「スリッピング」は、ストッパーという道具で、毛を抜いていく方法です。

 

ずらっと並べてみたのですが、専門用語には、
このようなものがありますので、ぜひ覚えておきましょう。

 

初めは、聞き慣れない言葉が多いために、覚えにくいと思うかもしれませんが、
自分の飼っているペットにのみ使われる言葉から覚えていくと比較的覚えやすいでしょう。

トリミングで使われる用語関連ページ

一流のトリマーになるためには
日本には、ペット用のトリミングをしているお店が増えてきています。 そのため、同じトリマーでもすごい腕を持っているトリマーや、始めたばかりであまり経験したことないようなトリ
専門学校でトリマーの資格を取得する
最近は、ペットブームになったという事もあり、トリマーを目指す人も多くいました。 トリマーになるためには、資格が必要という訳ではないのですが、専門学校で勉強したり、資格を取
トリマーの就職先について
ペットブームに加え、トリミングについての関心も高くなってきたことから、トリマーとして活躍したいと思っている人は結構多いのではないでしょうか。 特に、犬が好きで犬のために何
トリマーが活躍する場所
一言にトリマーと言っても、様々な種類があります。 一般的な家庭で飼われている犬をトリミングする人、ドッグショーなどに出演する犬をトリミングする人、訓練をする人などがありま
トリマーの歴史を調べる
大切にしているペットをケアしてくれる人として活躍している、トリマーなのですが、最近はどんどんトリマーが増えてきています。 トリマーが増えてきた背景としては、ペットブームに
犬のトリミングを選ぶためには
犬をトリミングする時には、どのようにお店を選んだ方が良いのか知っていますか。 トリマーはみんな同じではなく、トリミングをする人によって質が違っています。 例えば、始
猫のトリミング
ペットとして猫を飼っている人も多くなってきました。 ですが、猫は気まぐれで、あまりなついてこないため、健康ケアや管理を怠っている飼い主が多いのも現実です。 猫は自分
トリミングとグルーミングの違いか
ペットを飼っていると、トリミングという言葉を聞くようになるかもしれません。 トリミングは割とよく聞く言葉なのですが、それ以外にもグルーミングという方法もあり、両方とも同じ
a
a